乱読家ノススメ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「P.A.(プライベート アクトレス)」全4巻/赤石路代(小学館文庫)

<<   作成日時 : 2007/09/10 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 お嬢さま高校に通う小早川志緒は16歳。演技派俳優と美人女優を親に持つ、はかなげな美少女ぶりは、皆のあこがれの的だ。
今日も学校で、そんな彼女のポケベルが鳴る。貧血を装って早退した志緒が駆けつけたのは、とある怪しげなプロダクション。
彼女のアルバイトは、その天才的な演技力を生かした“プライベートアクトレス”。つまり、個人的に依頼された人間を演じるという、ちょっとアブナイ仕事なのだ。
 今回の依頼は、8年前に行方不明になった娘の死が信じられない実業家の、その娘のふりだという。本人に、志緒が娘だと信じ込ませねばならない。期間は、不治の病に冒されたその実業家が死ぬまでだというが…。


 赤石氏の漫画は別冊少女コミック時代に何本か読んでおりました。「ないしょのハーフムーン」とかね。
 でも活動の場をプチコミックに移してからは、読んでいなかった。このお話も、出ているのは知っていたし、榎本加奈子主演でドラマ化されたが、そちらも見ていなかった。でも……多分原作の方が、100倍面白いことは間違いない。

 赤石氏のキャラクターは本当にキレイ。そして男の子もカッコいい。彼女らが活躍していた頃の少女コミックの作家さんたちの絵は、今でももの凄く好きです。
 それにしても、よくこんな設定を思いついたなあ。お話の都合上、ミステリっぽい話も多くて、読んでいて面白い。スリルあり、サスペンスあり、ロマンスあり……と盛りだくさん。
 基本的に一話完結(もしくは前後編)なのですが、それが最後には段々と繋がってくるので、目が離せません。

P.A.(プライベートアクトレス) (1) (小学館文庫)
P.A.(プライベートアクトレス) (1) (小学館文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「P.A.(プライベート アクトレス)」全4巻/赤石路代(小学館文庫) 乱読家ノススメ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる