乱読家ノススメ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「きらきらひかる」/江國香織(新潮社)

<<   作成日時 : 2007/10/31 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 トヨエツ、筒井道隆くん、薬師丸ひろこ…というキャスティングで映画化もされました。
 男二人に女一人の三角関係…しかし、その頂点にいて、二人の人間に想われているのは、女ではなく!!
 アル中のケのあるショウコと、ゲイである医師・睦月は見合いをし、それぞれの欠点を相手の両親には隠したまま結婚する。
 幼なじみの大学生・紺と、結婚後も肉体関係を持つ睦月とショウコは、肉体関係を結ぶことはない。しかし彼女は確実に睦月に惹かれてゆき、同時に睦月の恋人・紺にも好意を抱いて行く。そうして彼女はあることを決意する…。



 この方の作品……これ以後、友人に薦められても一向に手が出なかったのは……ナゼ??
 多分この作品の印象が強すぎたのでしょうね。
 大学時代にこれを読み……読後、すっごい脱力して、しばらくの間何も手に付かなかった記憶があります。
 ちょっと……その時期、精神的にしんどかったってこともあったのですが。
 「ああ、もっと力を抜いて生きてもいいんだ……」と、思ったんですよね。もっと体の力を抜いて、自然体でいてもいいんだなって。
 それから何回かこの作品を読み返していますが、その度に同じような感覚を得ました。
 上記のように、この方の他の作品を私は未読なのですが……他の作品でも、こんな感じなんでしょうか?


きらきらひかる (新潮文庫)
きらきらひかる (新潮文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、はじめまして。『陰陽師』のテーマからやってきましたペンフロというものです。

私もこの『きらきらひかる』は学生時代に読んで、なんとも脱力した覚えがあります。そのときに同じタイトルの連続ドラマをやっていて、てっきりその原作かと思っていただけにそのギャップに戸惑っていたのもありますが、なんとも読んでいて悲しくなりました。

この作者の作品だと、『落下する夕方』もやっぱり奇妙な三角関係で良かった覚えがありますが、あとは・・・ちょっと・・・。

これからちょくちょく覗きに来ますので、どうぞよろしくお願いします。
ぺんふろ
2007/11/07 07:58
初めまして。ぺんふろ様。

同タイトルのドラマってあの…ギバちゃんたちが出ていた検視官かなんかのドラマですよね? 私はアレで「……うわあ(汗)。誤解する人が多発するだろうな…」と危ぶんだものでした。

「落下する夕方」は…そういえば、友人に薦められた本ですね。
ちょっとこれから読んでみようかと思います。

雑食気味の妙なブログではありますが、今後とも宜しくお願いいたします。
かずくん
2007/11/08 00:02
お友達受理ありがとうございます。

これから宜しくお願い致します。☆彡
さくらPaPa ≡⊂⌒⊃≡ Slow l...
2007/11/09 12:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
「きらきらひかる」/江國香織(新潮社) 乱読家ノススメ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる