「ばらいろ すみれいろ」/あとり硅子(新書館ウイングスコミックス)

 残念なことである。まことに残念なことである。
 決して多作な方ではなかったし、長編よりも中・短編で力を発揮される方だった。
 ページ数は少ないのに、なんだか心に残る、ちょっとファンタジーな、そして絵柄の通りふんわりとした…今で言う「ゆるい」感じの作品を描かれる方だった。
 絶妙な間、そして微妙なキャラ設定。時々とんでもないギャグが飛び出してきたりする。
 デビュー以来8冊の単行本(すべて新書館より発行)、そして1冊のイラスト集をお出しになられた。 
 そして…このコミックス「ばらいろ すみれいろ」を最後に、昨年の夏に亡くなられた。
 お年のほうは存じ上げないが、多分に今の私よりもお若かったことと思う。
 ご病気のために他界されたということらしいが…本当に残念なことである。
 帯に書かれた「あとり硅子のラストコミックス。」の文字が寂しく、悲しい。

 今はただ、ご冥福をお祈りするばかりである。ばらいろ すみれいろ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック