「平将門は神になれたか」/加門七海(ペヨトル工房)

 後に「平将門魔方陣」と改題されて、河出書房新社の文庫本になりましたが…失礼ながら、装丁はオリジナルの「ペヨトル工房」のほうが断然いい!! ハードカバーの本は高価ですが、装丁の美しさはやはりハードカバーものですよね。(同様の装丁の美しさは「工作舎」の本)

 作者はホラー・伝奇作家の加門七海。「帝都物語」で火がついた「平将門ブーム」。その当時には平将門の史跡めぐりなどもはやったそうですが…地方人の私は、その後何年も経ってからようやく首塚だけ訪れることができました。作者の加門氏は東京生まれ・東京育ちにも関わらず、首塚に行ったのはこの本の取材のために訪れたのが初めてだったそうです。理由は「怖いから」…どうやら氏には少し霊感があるようで、幼少からの怪奇体験だけで一人百物語ができる…のだそうで。
 そんな方に「怖い」と評された地で何も感じることがなかった自分は…鈍いのでしょうね。

 さて、この本ですが、平将門は東京及びその近郊にたくさんの神社仏閣で祀られているが、果たして本当に「東京の地霊」として祀られ、機能しているのか…を調べまわったフィールドワーク本です。ドキュメントチックな語り口調なので読みやすい。
 そうして、東京都下の将門関連の神社仏閣をつないでゆくと…すごいことに!
 推理小説のようにドキドキします。本当に。
 寺院と違い、神社は「土地」に建てられるもの。かつての「聖地」などの特別な地、「気」を孕む土地に建てられるものです。近代都市の代名詞でもある「東京」に重ねられた、今までとは全く違う「東京」と云う街が浮かび上がってくるのです。それは江戸から、いえ、それ以前からこの東の地を治めようとしてきた者達の爪あと。

 同シリーズとして河出書房新社から「大江戸魔方陣」「東京魔方陣」も出ています。
 こちらも面白い。もとはといえば東京・江戸の神社仏閣を調べるうちに、将門関連のものだけをピックアップして先に刊行になったのだとか。こちらも読んでみることをお薦めします。
 「今更~?」と思わずに、「帝都物語」とあわせて読んでみてください。きっと、今自分が住んでいる土地の風景に、違う風景が重なって見えてくる…はずですよ。


 平将門魔方陣

東京魔方陣
大江戸魔方陣
QED~ventus~御霊将門

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

alice-room
2006年10月23日 00:43
TB有り難うございました。荒俣氏の帝都物語は実に勉強になりますね。面白いですし、私も大好きです。
EQUAL
2007年02月28日 21:16
2ちゃんねるに書き込んだんですが
賛同者がいませんでした(シクシク)
ドコモ本社 代々木のドコモビル KDDI本社
ソフトバンクモバイル、東京タワー 新東京タワー
を結んでみました。
「御所」「東宮御所」なぜか「靖国神社」が
魔方陣化されました。
小泉くん知ってたな。
面倒ですがアドレスをガンバって合体させて
見てみてください。
加門本より露骨に魔方陣作ってます。

この記事へのトラックバック

  • 「大江戸魔方陣」加門 七海 河出書房新社

    Excerpt: ちょっと前、っていうかだいぶ前か結構もてはやされた本。京都が四神相応の祝聖された土地であり、徳川家300年が続いた江戸も同様に祝聖されているだろうとことから、霊的に守護された証拠を今に残る神社などから.. Weblog: 叡智の禁書図書館 racked: 2006-10-23 00:43