「封神演義」全23巻/藤崎竜(集英社ジャンプコミックス)*注意

 ちょっと古いかな~? 先日「スカパー!」で放映していたアニメ版を見て、焼けぼっくいに火がつきまして、今旦那と先を争って全巻読み返し中です。 
 タイトルに*注意があるように、今回かなりミーハー且つぶっ飛んだ解説になっていますので、ご注意を!
「ヤバい!」と思われた方はここでお帰りください!





 十数年前、大学時代に原作を読んで(っていっても、最後まで行き着いていない…号泣)はいたのですが、それをフジリュー先生が漫画にしてくださるとは! と、感涙の涙を落として連載第一回目を読んだ記憶があります。
 まあ、読んだ方はお分かりの通り…かなり「メタ・封神」となってはおりますが…そこはそれ、フジリュー先生流の味付けとキャラクター作り、なにより太公望のおもしろかっこ良さで、帳消し…ってことで、駄目かなあ?? いや、原作通りにやってたら、十週で打ち切りでしたぜ。絶対に!
  もともとキャラクターが多い話ですから、あとは戦闘と、ギャグと「意外な展開の連続」で話を繋げないことにはすぐに打ち切りっすよ……ジャンプ編集室は非情! なんですから!
 太公望がね~、しゃべり方といい、トボけていながらしっかり考えている策士さ加減といい…なにより、ショタ好みのルックスに仕上がっていて(本当は連載開始当時72歳と言う設定なんですがね)、いい! 実にいい!
 妲己も…腹立つけど、可愛いし…美形キャラ、オヤジキャラ、ショタキャラ、ロリキャラ、様々取り揃えてありますし、お子様達が好きな「対戦モノ」の要素はふんだんに取り入れてあるし、最後の最後まで「封神計画」の真の姿や妲己の背後の存在については伏せられているし、…何よりキャラが多いので(しかも女性キャラの密度低し(爆笑))…同人女性のハートもばっちりゲット! 
 ここまで揃わないと、ジャンプでは生き残れないんですよ!(詳しくは「心では重すぎる」/大沢在昌を参照)
 お子様+同人女。これがアンケートハガキの主たる構成員ですからね~。
 あの景品内容で、高校生以上の男性がせこせこアンケートハガキ出すとは思えないし、人気投票だって…同人女の組織票がなきゃ、あれほど、票に差がついたりしないでしょう。
 同人女の底力…ってやつですか(爆笑)。
 
 
 私もご多分に漏れず同人女のはしくれですんで! 人気投票ももちろん出しましたって(爆笑)!  太公望一位でね!! 次に武成王・黄飛虎、天化、普賢真人…ですか。
 天祥も外せませんね~ショタとしては(爆笑)。
 一時はコミケ・イベントでもサークルがたくさんあったようですが…最近はもうないですか?
 連載当時、友人からの依頼で同人誌に飛×太の話を3本ほど書き散らしたことがあります。
 17巻まで読み進んで…古傷が再び疼く気配が!! ええ、ええ、馬鹿ですとも! 大馬鹿者ですとも~~! 書いたところで発表の場がないので、ひとまず置いておきますが。
 
 完全版も続々発刊されている様子。今一度読み直してみても面白いかと思いますよ。

封神演義 1 完全版 (1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック