「スケバン刑事」/和田慎二(白泉社花とゆめコミックス)

 更新が1ヶ月も止まってしまって、申し訳ありませんでした。
 実家に帰省した折に妹の嫁ぎ先の稲刈りの手伝いに駆り出され(ええ、妹の嫁ぎ先は兼業農家なのです)、子供の世話とメシ炊きババアをさせられておりました。予定よりも遅れてしまったのは、台風のせいで…申し訳ございませんでした。

 さて、復帰第一弾は、これまた古っっっる~~~~い漫画です!(爆笑)
 本当に古いですねえ。これ…私が漫画本を買い始めたころに揃えはじめた漫画ですんで。
 もう…え? 27年も前になるのね(汗)? 当時の漫画本は一冊320円程度でしたよ。

 和田慎二の代表作にあげられるこの話。当時のアイドルたちでドラマ化もされたので、ご存知の方も多いでしょう。
 ドラマの方は途中からは名前を借りただけの、全く違うお話でしたが(爆笑)。
 和田慎二といえば「スケバン刑事」「超少女明日香」「ピグマリオ」「怪盗アマリリス」。
 短・長編、膨大な数の作品を描いていらっしゃいます。
 最近書店で「神恭一郎の事件簿」とかなんとかいう本を見かけましてね。つい懐かしくなって今回この本を紹介します。

 補導され、少年院に何度も出入りしているスケバン・麻宮サキ。彼女はある日、暗闇警視という男から特別な職を任されることになる。それは「学生刑事」。殺人未遂(?)事件で刑務所にいる母の身柄を保証するのと引き換えに、彼女はその任を受けることに。
 母に教えてもらった得意のヨーヨーを武器に、彼女は学園に巣食う悪と立ち向かう…。

 サスペンスあり、ちょっとお色気あり、暗い過去や伏線があり…のお話です。
 設定自体が荒唐無稽なんですが…読んでいるうちにサキに同調してしまって、グイグイ引きこまれてしまうこと間違いなし。サキが悪党どもをバッタバッタとなぎ倒してゆく様は痛快!の一言。
 本来なら麗美との対決で一旦話は終わってるんですよね。人気があったのでその後、また再開したようですが…そこからの話は、ちょ~~っと無理があるような気が…。
 神恭一郎の設定も変わってきちゃってるし、伏線も無理やりっぽい気がするし…。
 しかしまあ、「卒業」のシーンはちょっと感動しましたね。…アンタほんまは幾つやねん!?というツッコミは抜きにして(爆笑)。
 今から揃えるとなると膨大な量になるので(文庫版でもね)、古本屋か漫画喫茶でご一読してみてくらはい。



 スケバン刑事 12 完全版 (12)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

goldius
2006年08月27日 16:11
私はあのラストは無かった方がスッキリと泣いて感動出来たのにと思いました。
2007年04月19日 22:43
ドラマは見ずとも漫画はしっかり読みました。かなり後半の、両開きページびっしりミミズのシーン。読んだ当時はしばらくの間うなされました(^-^;) この頃の漫画は好きなものが多いです。
かずくん
2007年04月23日 10:32
Sanni様
そうそう! あのミミズのシーンには衝撃を受けましたよ!! 妹なども未だに「思い出すだけで気色悪い!」と言いますし。
ドラマの方は…まあ一応見ましたけど、2代目と3代目はもうぜんぜんオリジナルで……。
でも妹と弟はハマって…特に3代目。たしか…「セシル」とかって、カセットまで持ってるはず(爆笑)。

この記事へのトラックバック

  • 「スケバン刑事」和田慎二 白泉社 少女漫画俺流77位

    Excerpt: 収監された母親を国家権力に人質にされ、 警察官憲の手先に成り下がる麻宮サキが哀れである。 刑事とラブラブファイヤーになって幸福になるかと思いきや、 悲惨な結末を迎える。 サキっ.. Weblog: 目次が日本一のブログ(自称w挑戦者求む) racked: 2006-08-27 16:09