「ステップファザー ステップ」/宮部みゆき()

 ちょっとありえない状況設定に、人物設定…それなのに、これだけ日常的で心温まる話として読めてしまうのは…やっぱり宮部氏の筆圧の高さのせいなのでしょうねえ…。


 とある新興住宅街の、とある家に忍び込んだ泥棒が、うっかりへまをやってしまい屋根から転落…。そして隣の住居の庭に落下。そこの住人であり、父と母がそれぞれに愛人を作って同時に家出してしまい遺棄されたも同然になった双子の少年達に脅され…やむなく彼らの「お父さん」になってしまったことが、事の発端。
 彼らの周りでおこるちょっと不思議な出来事を、解決してゆくというミステリ短編連作。


 この双子がまた…面白いんですわ。知恵は回るし可愛いし…そのしゃべりかたがなんともはやコミカルで。
 行きがかり上「お父さん」にされてしまった泥棒さんですが、彼も泥棒なんて商売をしているわりには人がよくて、ちゃんと双子に生活費を与えたりしちゃってる。そうして段々と彼らのペースに巻き込まれてしまってて。いやだいやだと言っているわりに…いつの間にか、えくぼの位置で、ちゃんと双子を見分けてしまっている辺りが笑わせます。
 二つほど「うまい!」と思ったのは…この泥棒さんの名前が文章中一回も出てこないこと。
 もう一つは…人称代名詞の使い分け。これは最後の話を読んでもらえれば解ります。

 何故か宮部みゆき氏の小説に登場するのは…少年率が高い上に(ショタ好みの私のツボにハマりまくりなんですが)、崩壊した家族が多いんですよね。父が公金横領して蒸発したり、殺人犯に一家惨殺されちゃったり、両親の期待を背負った兄貴が死んでしまってから家出を繰り返す少年だったり、父が結婚前の恋人と再会してよりを戻しちゃったり…。
 どれがどの話かは、まあ、宮部作品を読んでみてくれればわかります。
 でも、その苦悩の中で、傷を負い、世間と戦い、もがきながらも懸命に生きてゆく少年たちの姿の、なんといじらしいこと、美しいこと。
 こういう少年像を書かせたら天下一品ですよね、宮部氏は!
 
 そういえば…一度雑誌で「ステップ~」の続編で長編になると思われる小説の第一回を見かけたのですが…その後アレはどうなったんでしょうか?
 たしかこの奇妙な双子の出生の秘密がどうとか…いう話だったと思うのですが。
 どなたか情報お持ちの方、ご一報を。




ステップファザー・ステップ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 宮部みゆき ステップ・ファーザー・ステップ

    Excerpt: 宮部みゆきさんの小説  「ステップ・ファーザー・ステップ」 が読み終わりました。 泥棒が”ある事件”から双子の父親代わりになり、 3人で身の回りのちょっとした事件を解決していくストーリーです。.. Weblog: 映画、鉄蔵のつぶやき。 racked: 2006-10-19 23:26