「百器徒然袋―雨」/京極夏彦(講談社ノベルズ・文庫)

 これはもう…笑ってください、読んでください!!! 抱腹絶倒間違いなし! の1冊です。
 事件の内容と解決法もさることながら…語り手である「私」の思考が徐々に毒されていく様が見ものです。

 3編の中篇からなっているのですが…主人公は本編・「妖怪シリーズ」でも女性陣の絶大なる支持を受けている榎木津礼次郎。高学歴、高身長にして容姿端麗な元華族の財閥の次男坊…だが、中身は非常識この上ない壊滅的性格。我田引水、天衣無縫、天上天下唯我独尊。人の名前を覚えたり人の話を聞いたり、人に説明するのが大の苦手。故に、人を勝手な名前で呼び、あだ名をつけ、人の記憶が「見える」という特殊能力があるために、依頼人の話を聞かずに「正解」にたどり着く。
しかして、何の説明もないものだから…人は彼を「霊感探偵」と呼ぶ。

 容姿端麗で、財閥の次男坊で、帝国大学法学部卒業で…と天から二物も三物も与えられた彼は、ともすれば人から嫉妬と羨望の眼差しを一身に受ける近寄りがたい存在になるのであろうが…その壊滅的性格のお陰で、妙に人間臭く、泥臭い存在として描かれている。本編では彼のその性格が故に、暗くなりがちな話に華(賑やかしかな?)を添える存在となっている。
 この中篇で、彼はその壊滅的性格と破壊力を存分に発揮している。
 依頼人の名前を一度も正しく呼ばないのは言うに及ばず、人の結婚式を破壊し、膨大な数の壷を破壊し、料理店を破壊(?)。ついでに元依頼人である「私」の常識を破壊してしまう。

 毎度「いやだいやだ」といいつつも、榎木津の破壊工作を、時には芝居を打ってまで手伝っている京極堂も爆笑ものです。
 そして…お待たせしましたの関口ファンのお姉さま方! 3作目にして真打登場!! です。 訳がわからないうちに料理店に連れて行かれて具合が悪くなるだけなんですが…関口ファンはこうして苛められる関口を見ることこそが、この上もない喜びなんですよね!?(爆笑)

 まあ、本編(分厚く、長い道のりですが)読了後、お口直しにどうぞ! 必笑! 間違いなしです!



文庫版 百器徒然袋―雨

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック