「QED ベイカー街の問題」/高田崇史(講談社ノベルズ・文庫)

 シャーロキアンならずとも、シャーロック・ホームズを知らない人はいないでしょう。
 私は小学生の頃、学校の図書館にあった子供向けに訳された「シャーロックホームズ全集」を読み、年代順に並べてみる…などということをやったことがあります。「そんな頃からそんなことしてたんかい!?」…という突っ込みが聞こえてきそうですが(爆笑)、ええ、やっていましたとも。
 確か理科のノートの後ろの方に書いていたと思うのですが…今ではどこに行ったのやら。
 今でもシリーズ物の本を読むときは、年表を作ったり、要約を書き出したり…なんて作業をしていたりします。もちろん一度目は通読しますが(あ、京極モノは別。読みながら要約や時系列順を書き抜きます。でないと…あの分厚さを二度三度読み返すのは相当骨が折れますからね。)
 大抵小学校の図書館には「シャーロック・ホームズ」「アルセーヌ・ルパン」「少年探偵団」などは揃っていることでしょう。その本でミステリに開眼した、という人も多いと思います。
 読んだ子供達の間で「ホームズ派」と「ルパン派」に分かれたものでした。

 その、知らぬ人とていないであろうシャーロック・ホームズの謎に、お馴染み桑原崇と棚旗奈々が迫ったのがこの本。
 今回は日本の民俗学や古代史などがテーマでないだけに、私自身ちょっと盛り上がりに欠けたところはありましたが、相変わらず推理は冴えています。
 高田氏の頭の中には…いろんな言葉や論理のジグソーパズルのピースがあるんでしょうね?
 一つ一つのピースをじっくり検証して、収まるべきところにピタリと嵌めこんで行く。しかも根気強く…この根気強くってところが、私には欠けているんでしょうね…ああ、つくづくB型人間だなあ。

 何はともあれ、「QEDシリーズ」第三弾。ご一読ください。
QED ベイカー街の問題

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック