「可視光線」/やまざき貴子(白泉社花とゆめコミックス)

 男二人と女一人の青春グラフィティ。
 バイク好きの少年と、同じバイクいじりが好きながら素直になれない優等生の少年と、その優等生君を好きながら素直になれない少女の話ですね。
 一話完結方式のオムニバス。一話一話でそれぞれが主人公になって話が進みます。

 同じ女の身としては、トーコさんの心情、わかる気もしましたね。好きな人が……好きなこととはいえ、のめりこんじゃってる姿見るのは…ときに辛いこともあるし。

 これね~でも、見ようによっちゃ、見ようによる…ビミョ~な話だな…と思うのは、私の頭が今で云う「腐女子」だからですかね(笑)?(しかし年季の入り方はハンパではないゾっ!)
 ど~~も「彼」の思い入れが半端でなくない??と穿った目で見てしまう…ってか、見えてしまうんですけども?? そりゃ、トーコさんも嫉妬しますって!!(爆笑)
 それにねえ、あのラスト数ページ…コミックスの方は手直ししてあったでしょう?
 そこら辺に…作者の、やまざき先生自身の思い入れも垣間見えまして(爆笑)。
 嘘だ~と思われる方は、もう一度そういう目で読み直してみてくださいませね。
 ………ぜぇぇぇぇぇっったいに、そうみえてくるんだから~~~!


可視光線

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック