「風姿花デンツァ」全三巻/飯田晴子:漫画 奈波はるか:原案(アスカコミックスDX)

 「風姿花伝ツァ」…というと、木原敏江先生の漫画を思い出すアナタ!! 同年代ですね?(爆笑)

 タイトルは似ていますが、こちらは飯田晴子氏の漫画…って、ううん、飯田氏の漫画って、未完のものがちょこちょこありますよね?
 これは一応3巻で一部完…ってことらしいのですが、あれからン年……一向に続きが出る気配がございませんぞっ!? HPももう閉鎖されてるし!
 

 能楽の観南流宗家・室町家に生まれた双子の少年大典と圭典がこの話の主人公。
 若干十四歳にして「鬼夜叉(世阿弥)」の再来!と言われる長男・大典。
 次男の圭典はおとなしく無口な性格ながら、その実力は兄をも凌ぐ。
 室町家には双子を忌む因習があった。それは500年前の室町時代後期。観南流に双子の兄弟が生まれ、その彼らが15代将軍に寵愛されたことから始まる。室町家に伝わる二人静の面…一方の面の右半分は無残に焼けただれ、それは彼らの悲劇の象徴でもあった。

 ネタばれになっちゃうので、これ以上詳しくは書けませんが…飯田さんの美麗な絵が、いいんですわ~。
 飯田さんのキャラの体の線って…柔らかくって……やらしいですよねぇ(爆笑)。
 ちょっと話が急展開かな?というところもありましたけど(後半)、あの辺は…小説ででも読みたかったですね。奈波さん書いてくれないかなあ??


 でもさ、あの「パナ・インサの冒険」は、一体どうなってんの?? 一番いいところで終わっちゃってるでしょう?
 ちょっと面白い展開になってきつつあったのに…どうやら、「パナ」のほうは、「再開嘆願のために、自分のところのHPなどで広く連載再開を訴えてゆこう!」という活動があるそうです。
 くわしくはココ→パナ同盟 http://www1.linkclub.or.jp/~yui-awo/seiten/pana.html#Anchor50068

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック