「月の魔力」/A・L・リーバー(東京書籍)

 「バイオタイドと人間の感情」とサブタイトルの付いたこの本。一時期メディアなどで大々的に取り上げられたのでご存知の方も多いことでしょう。でなくとも、「月の引力や満ち欠けが地球の海の潮汐運動を起こしているのと同じように、人体にも影響を及ぼしている」という説を一度は耳にしたことがあるはず。
 その分野のパイオニア的著書がこの本です。実際この本以後、雨後の筍のように出版された「月」関連の雑学本には、ほとんど
すべて、この「月の魔力」からの引用なり、影響がありました。
 とある私的事情から(そのころハマっていたアニメの影響で(爆笑))、月に興味を持ちいろんな文献を漁っていたときに書店で
見つけたのがこの本でした。

 マイアミの精神科医である著者は、満月の夜に外来患者が多い…ことや、殺人事件や事故が多発することをデータを集めて立証し、人間が肉体的にも精神的にも遠く離れた地球の衛星・月に何らかの影響を受けていると考え、その知識を正しく活用することを、この本の中で提唱しています。
 日本でも…確か元兵庫県警の交通課の方が、月の満ち欠けと、交通事故の件数やその種類(人身死亡事故や自損事故、暴走などの危険運転)をグラフ化して比較し、取締りの強化に活用したり、一般のドライバー向けには「満月の前後には暴走運転や無茶な運転による事故が増える」などという傾向を明らかにし、注意を呼びかけていた…人がいましたよね?

 この本を批判する方もいらっしゃいます。自説に都合のいいデータばかりを集めて、他のものは無視している…という方も。
 ただ、古来から人々を魅了し、ある時は狂気を駆り立てる存在として畏怖されてきた地球の友・月。
 あなたはこの本を読んで、月に魔力があると感じるでしょうか? それとも単なる「トンデモ本」だと一笑にふされるでしょうか?




月の魔力

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック