「パピヨン」/清水玲子(白泉社花とゆめコミックス)

 表紙裏の作品解説より。
 惑星アトラスの第一王子・ナザレが、デルタ滞在中に両国は戦争状態に。追っ手から逃れたナザレは、街で殺人事件を起こし宇宙空間に浮かぶ少年院に投獄されてしまう。ところがそこには、かつて彼に仕えていたサラートに似た男、イオがいた…。

 まあ、清水氏お得意のスペースアドベンチャーですね。こういう近未来のSF設定…好きですよねえ?
 「パピヨン」=蝶というタイトルですが、どこにも蝶は出てきません(汗)。出てくるのは「プラナリア」という気持ち悪い肉食軟体動物……あああ、気持ち悪い。

 一巻モノの読みきり…月刊では2ヶ月に渡って掲載された話でした。この作品…ものの見事に「男」しか出てきません(爆笑)。まあ、少年院の話ですからねえ…。
 感想書いちゃうとネタバレっぽくなっちゃうんで……読んだ皆様に質問!
 イオとサラート……サラートの優しさもいいんですが、イオのワイルドっぽさも捨てがたい…と思いません??
 皆さんはどちらがお好みです?(私はほんのちょっぴり、イオ派かなあ(笑))



パピヨン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック