「ピアノの森」/一色まこと(講談社)

 近所の図書館で借りて読みました。
 連載が青年誌だからでしょうか? 今までとは一味も二味も違う設定にびっくり!
 森の中にうちすてられた、鳴らないピアノだとか、それを弾いて育った場末の娼婦の子供が主人公だったりとか…。

 元ピアニストだった小学校教師・阿字野にピアノの才能を見出され、ピアノの道に進む一ノ瀬海。ピアニストを父に持ち、自らもピアニストを目指す雨宮修平。
 この二人が反発しつつ惹かれあい、お互いを高めてゆく様が…なんとも良いです。
 絵は…線は細いですが、それほど美麗というわけでもないのですが……画面からピアノの『音』が聞こえてきそうな感じがします。
 こういう絵柄のこういう話が青年誌で連載されているってことこが……ちょっと不思議。

 で、今さっきググってみたら…え? これ、今年の夏に映画化されるの?? うそ~ん! しかもマッドハウス製作?!
 ちょっと見たいかも??


ピアノの森―The perfect world of KAI (1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月07日 19:17
はじめまして美衣と申します。
時折読ませて頂いてますが初めてコメントさせていただきました。
「ピアノの森」良いですよね、本当に森の音楽が聞こえてくるような気がして。
私はマンガ喫茶で何回も読み返しました(気づいた時には巻数が多くて買いそびれていますが)
今は海が無事コンクールを通過できることを願いつつ次の巻を待っています。
私は映画とかは殆ど見ない方なので、もしご覧になったならその感想も読ませていただければ嬉しいなと思います。
かずくん
2007年06月07日 22:51
 コメントありがとう御座いました。
 映画……観に行けたらまた感想なりとアップさせていただく所存ですが……ああ、今年の夏の映画は「エヴァ」(爆笑)に絞ろうかと思っておったのですが………。

この記事へのトラックバック