「フライングドラゴン」全2巻/猫山宮緒(白泉社花とゆめコミックス)*注意!

 先日古本屋で購入。一気に読みましたが……正直言って半ばからダレた(苦笑)。
 理由は後述。

 裕福な子弟が集う学園に、とある国の第二王子・フェイが留学してきた。彼の母親は竜が住むという泉を守ってきた巫女の一族の出身で、フェイ自身も不思議な力を持っている。
 第一王子の母・呂后に命を狙われている彼に、天という生徒がボディガードにつくことになるが、フェイはそのあまりな傍若無人さに、彼を信用しきれない。


 以前紹介した「エデンへおいで」の中の劇中劇…を漫画にしたもの。
 『ネオ西遊記』と言うことですが、まあ……主人公の人数と役割くらいかなあ、カブっているのは。(それも半分…いや、三割以下かな?)
 そして私が途中、ダレた理由は……主人公の女性化の一言につきまする(爆笑)。
 ダメだよ~あそこから「女」にしちゃあ!! しかも●の○○○○だって~? そこは男で、あくまで△△△で貫き通そうよ~!! 
 私ら30代の人間にとっちゃあ「西遊記」はアノ「西遊記」……そう、三蔵法師が夏目雅子の時代ですから、三蔵様が多少女っぽくても全然オッケーなんですけど……でもねでもね、やっぱ基本は男! 女っぽく見えようが男! なの!!
 『ネオ西遊記』と銘打ってあるんなら、そこはそれで通さないと!!
 アレとアレが両思いになってくっつくのはいいでしょう。しかしね……そこはそれ、天下の「白泉社」なわけですから、男同士でも全然オッケーなわけなんだから!!!(←エラい暴言…)

 惜しいなあ……返す返すも惜しいなあ……。ちゃんと最後までアノ設定で行けば、名作だったのになあ……。


フライング・ドラゴン (1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

通りすがり
2009年08月15日 15:53
猫山さんのファンのひとりですが、ちょっと訂正を。
フライングドラゴンは全2巻ではなく全3巻ですよ^^;
どっちにしろ未完っぽいですけどね

この記事へのトラックバック