「北斎 七つのナゾ」/中右瑛(里文出版)

 「北斎殺人事件」読後、参考にと思い、読んでみました。
 「北斎殺人事件」中でも話題にされていた
 ・武士か? 百姓か?
 ・数々の転居のナゾ
 ・ペンネームのナゾ
 ・スパイだったのか? 小布施旅行のナゾ
の他に、
 ・数々のケンカのナゾ
 ・北斎の娘・お栄さんのナゾ。グレた孫は?
 ・多作のナゾ
などがあげられ、検証されています。
 まあ「北斎~」を読んでいれば、ほぼアウトラインを辿るだけ…なんですが、改名表についてはこちらの方が詳しいかな。
 あと、白黒ではありますが、「北斎~」中に出てきた岩松院の天井絵の「鳳凰図」や、祭屋台の天井絵2枚なども納められていますので、見たことが無い私には、イメージがつかめて助かったです。
 
 他にも北斎の作品についての解説やなんかもあって、参考になる一冊でした。

 そういえば、65年ぶりに北斎の新作の屏風絵が発見されたそうですね! (2007年8月24日 朝日新聞より)
 あの鹿鳴館を設計したジョサイア・コンドル氏が所収していたものだったとか? 
 屏風絵は10点ほどしか現存していない上に、農村風景を描いたものは他に一点あるだけとか?
 現物見てみたいものですねえ!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック