「ぼくらの」/鬼頭莫宏(IKKIコミックス)

 You Tubeで色んな映像を探している時に、「鋼の錬金術師」の映像に、「ぼくらの」のOP曲をのせたものがありましてね。
 それで「ぼくらの」で検索をかけたら、ヒットしまして…アニメを見つつ、原作を買い求めたのでした。珍しいきっかけでしたね。

 夏休み。海際の宿舎に集まった15人の少年少女。
 歳は、一人を除いてみな中学1年生。
 彼らはある「男」と出会い、契約を交わしたことにより、未知のテクノロジーで開発された巨大ロボットの操縦員となってしまう。
 ゲーム感覚で侵略者と戦う彼ら……しかし、その戦いの末には、残酷すぎる運命が待ち受けていた。

 ありきたりなロボットもの…じゃない辺りは斬新。
 毎回、パイロットとなる少年少女たちの過去とか、生い立ち、考え方、周りの状況が語られていくんだけど……コレがまた泥臭い。
 決して、「キレイ」な話じゃない。 失礼ながら、絵も、話も。
「地球のために僕たちは命を懸けて…!」って、状況は否応なくそうなんだけれど、そんなキレイ事だけじゃなく、
自分の復讐のために力を奮ったりとか、怖くて逃げ出しちゃったりする子もいたりとか…。
 あと、子供たちを取り巻く大人たちの思惑や状況も……キレイじゃない。
 だから、どちらかと言うと「イタイ」話だ。心がヒリヒリするくらい、イタイ話だ。
 けど……実際、こういうことって現実にもある話だし…男に騙されちゃったり、妊娠しちゃったり、親に育児放棄されたり、貧しかったり、親が蒸発したり……ね?

 その「イタイ」ところから、目を逸らさずに、最後まで読みたいと思う。
 謎や伏線も多いしねぇ……。


ぼくらの 1 (1) (IKKI COMICS)

アニメのほうは、また独自の展開&順番だったりします。見比べてみて下さいね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック