「逆説の日本史」/井沢元彦(小学館)

 しばらくシュミに走りすぎたきらいがあるので(笑)、ここらで軌道修正。
 これは賛否が分かれる本かもしれませんが…私の敬愛する「逆説」日本史家・井沢先生の本です。



 以前紹介した「猿丸幻視行」の作者でもある井沢氏。この本のお陰で日本史に身が入るようになったと書きましたが、井沢氏の歴史の観点は、とても面白い。
 専門家ではない…いわゆる「素人」であるからこそ見つけられた、そして主張できる歴史観です。
 文中に繰り返し出てくる「日本の歴史学の三大欠陥」…は、ちょっと執拗すぎる感が否めないが、ここにこそ、「素人」が口をはさむ余地があると井沢氏は主張するのだ。
 そして、何が「逆説」なのかというと、その三大欠陥によって見過ごされてきた「ある事実」を主眼に歴史を見直すことにより、見えなかったもの、歴史の謎としてきたものが解明できる、ということなのだ。
 
 第一巻では大国主命と出雲神話の真実、卑弥呼の死因の真実、神功皇后の三韓征伐の謎など、
また第二巻では、聖徳太子や天智天皇の死に関して、異なる2つの資料や伝説が存在する謎について、天武天皇と持統天皇の「国造り」について、奈良の大仏にこめられた真の「願い」について。第三巻では、桓武天皇と平安京、万葉集編纂者とその目的の謎について、それぞれ独自の視点から「目から鱗」の結論に達しています。
 それはまるで推理小説を読んでいるかのよう。
 実際「卑弥呼」と「天智天皇」については、『卑弥呼伝説』『隠された帝』という歴史ミステリに仕立ててあるのですが。(こちらも併せてお読みになることをオススメします)
 キーワードは「怨霊」。
 日本における「神」…ことに、天皇家や伝説上の人物以外の人間が「神」として神社に祀られることにどんな意味が、そして人々の願いがこめられていたのか。それを理解するだけで、歴史観は180度変わります。
 今、巷で論じられている「靖国問題」ですが…あれもこの観点で言えば、論点が完全にずれていることになります。
 ここでは多くを語りませんが(右とか左とかの人から攻撃されたくないので)、どんな風にズレているのかは、この本を読んでお確かめ下さい。


 それにしても、井沢先生はこれに関して、何も主張はなさってないのだろうか?
 不思議だなあ???


逆説の日本史〈2〉古代怨霊編

"「逆説の日本史」/井沢元彦(小学館)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント