「スプリガン」/皆川亮二(小学館少年サンデーコミックス)

 映画にもなりましたので、ご存知の方も多いでしょう。
 「オーパーツ」……当時の古代文明の技術では作成不可能であったと思われるハイテクノロジー遺物。
 危険な超古代文明の遺跡封印を目的とする組織・アーカムの特殊工作員「スプリガン」は、それらを回収、調査し、人類に有害であると判断するとそれらを破壊、封印する使命を帯びた者達。
 日本の高校に籍を置く御神苗優(おみなえゆう)は、その過去の経歴からスプリガンになり、出席日数と単位を気にしながら(笑)、世界中を渡り歩く。
 
 「ノアの方舟」「翡翠の仮面」「ピリ・レイス地図}「聖杯」…古代ミステリーおたくなら(爆笑)一度は耳にしたことがある文物ですよね。
 映画になったのは「ノアの方舟」の話でしたか。…私としては人狼・ジャン=ジャックモンドの活躍がもうすこしあってもよかったよな~?って感じだったのですが。

 最後の最後に…チョイ役だと思っていた彼女が実はとっても大物だったことが判明! 
 どんでん返しを食らった感があったのも面白かったですよ。
 


スプリガン (1)

"「スプリガン」/皆川亮二(小学館少年サンデーコミックス)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント