テーマ:京極夏彦

「魍魎の匣」/志水アキ:漫画 京極夏彦:原作(角川書店 怪COMIC)

 某インターネット書店からの紹介メールで見まして、買いました。  いーですねー!! コレ!   映画化もされたところですし。  絵がね、いいんですよ。好みの問題もあるかもしれませんが……私は好きです。  登場人物の、特に女性陣が可愛い!! そして美しい!!  加奈子に絹子にあっちゃん! ホントにかわいい!!  あの原作を、よ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「邪魅の雫」/京極夏彦(講談社ノベルズ)

 ……読了! 10月5日読了しました! ああ、長かった……。本来ならばすべての時間を(寝る時間も食事の時間さえも)注ぎ込んで、全力投球すれば2日程で読めていた……はずなのに、一児の母となった今では、そうもゆかず(笑)。  でもまあ、とりあえず読了いたしました。  東京は江戸川の河原に始まった毒殺事件が、大磯、平塚に飛び火。犯人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「百器徒然袋―雨」/京極夏彦(講談社ノベルズ・文庫)

 これはもう…笑ってください、読んでください!!! 抱腹絶倒間違いなし! の1冊です。  事件の内容と解決法もさることながら…語り手である「私」の思考が徐々に毒されていく様が見ものです。  3編の中篇からなっているのですが…主人公は本編・「妖怪シリーズ」でも女性陣の絶大なる支持を受けている榎木津礼次郎。高学歴、高身長にして容姿端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「姑獲鳥の夏」/京極夏彦(講談社ノベルズ・文庫)

 言わずもがな、妖怪小説家・京極夏彦の衝撃のデビュー作。  手慰みに書いた小説を講談社に持ち込んで、それが本になった…というのは有名な話。  更に、当初は表紙見返しの著者紹介欄が空白になっており、「謎の作家」とも言われました。  実際にはまだこの頃会社員であったため、出版社側が気を利かせて何も情報を公開しなかったというのが…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more