テーマ:加賀乙彦

「還らざる夏」/加賀乙彦(講談社文芸文庫) *注意

 精神科医であり作家でもある加賀乙彦氏の自叙伝的作品。  12歳から15歳という一番多感な年齢を「戦争」という時代と陸軍幼年学校という組織の中で過ごし、 出兵直前に今までの価値観を全て打ち崩された少年たちの、挫折と苦悩と戸惑いと、それぞれの選択を描いた話です。  これまで私は「戦争」を扱った小説や読み物には、どこか一線を画して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more