テーマ:オイディプスの刃

「オイディプスの刃」/赤江瀑(角川文庫)

 刀と香水、そして京都…この千年の古都を舞台にした作品が多い作者の、これはまさに独壇場とも言える作品。  「オイディプス」とは、ギリシャ悲劇の奇才・ソポクレスが書いた戯曲「オイディプス王」の主人公の名である。精神医学の分野では「エディプス」とされ、「エディプスコンプレックス」とは、父親を憎み、母親に愛着を抱く心理をさす。  戯曲の中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more