テーマ:萩尾望都

「百億の昼と千億の夜」全一巻/光瀬龍:原作 萩尾望都:漫画(秋田文庫)

 これは「日本SF界の金字塔」と称される光瀬龍氏の原作を、「トーマの心臓」「ポーの一族」の作者萩尾が漫画化した作品です。有名なので、読んだことはなくとも、タイトルくらいは聞いたことはあるでしょう。  今回なぜこの本か…というと、エヴァンゲリオン関係で『ディラックの海』を検索したらこの作品が引っかかってですね…本屋に注文して、購…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more