テーマ:碧也ぴんく

「非常ノヒト」全3巻(鬼外カルテシリーズ)/碧也ぴんく(新書館ウイングスコミックス)

 「水中童子」から足掛け15年……長かったシリーズも、いよいよ完結!!  今回の主人公は鬼外先生……そう、「福内鬼外」=平賀源内先生です!!  江戸きっての発明家にして戯作者、多才多芸な本草学者! 奇人変人、謎の人……なのですが、それがぴんく先生の筆にかかれば……こうなります(ニヤリ)!!  「虚空の者」として長く世をさまよっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ブラインド・ゲーム」全十巻/碧也ぴんく(角川書店 アスカミステリーDXコミックス)

 「ニューエイジ八犬伝」とサブタイトルがついているように、「南総里見八犬伝」を近未来を舞台に焼き増しした話です。でもよく考えてあるんですよ。  遺伝子操作によって究極の人類を作り出す「神女プロジェクト」。しかしその実験中「神女」を宿した妊婦共々何者かに射殺されてしまう。  だが研究者達は、神女を胎児のまま取り出し、彼女の卵巣から卵を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「水中童子」/碧也ぴんく(新書館ウイングスコミックス)*注意

 「南総里見八犬伝」を漫画化した碧也ぴんくの「鬼外カルテ」という漫画シリーズの第一作。  河童や天狗といった妖怪などが主人公の話です。  この「水中童子」の主人公は河童。江戸時代に水死した陰間(当時の男娼)が、転生の場所を与えられるたびに転生の直前に水死し、今回は河童のまま陸へと上がり、人間の尻子玉をとり、人間になろうとする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more