テーマ:喜多尚江

「ピアノの恋人」全2巻/喜多尚江(白泉社花とゆめコミックス)*注意

 「花とゆめ」を購読していた頃にはよく読んでいたんですが…最近読んでいませんな。  でもこの話は好きな方。え? いや、ちょっと…ライト感覚に「ボーイズ」ものっぽいので。  ピアノが上手いのにコンクールとなると実力が発揮できず困っていた道明の前に現れたのは、14歳のピアノの調律師。しかし彼は10歳で世界デビューを果たした天才ピアニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more