テーマ:乱鴉の島

「乱鴉の島」/有栖川有栖(新潮社)

 遅ればせながら、読了いたしました。  前評判通りの『火村シリーズ・孤島もの』…でありました。  入試試験が終わり、どっとお疲れの様子の我らが助教授・火村英生氏。彼は下宿のばあちゃんのススメで、有栖と共に民宿に泊まりに行くことになる。そこは三重県のある小島。ちょっとした勘違いと手違いから、彼らは目的の島ではなく通称『烏島』と呼ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more